借入限度額

限度額は一定ではない

消費者金融からキャッシングの契約を締結すると、まず最初に最大貸付限度額が設定されます。契約書にも融資の限度額が記載されています。それ以内であればいくらでも利用可能ですが、限度額以上のキャッシングは不可能となっています。

大手銀行が発行するカードローンも同様で、契約時に交わされた限度額が発送されてくるカードに設定されていますので、限度額以上の借入は不可能となっています。

この限度額については通常のサラリーマンですと50万円に設定されているのが通常ですが、アルバイトやパートといった低収入の人はもう少し限度額が低く設定されていますし、他社からの借入があるような場合も低く設定されているのが実情です。

もう少し借りたいと考えてもこれ以上借りれないのは金融業者の責任ではなく、本人の信用が低いのが原因であることを認識しておきましょう。

金融

利用状況に応じて上がっていきます

一度設定された限度額がいつまでも同じというわけではありません。毎月きちんと決められた支払いを履行していれば、それに応じて信用も増していきます。当初は信用も低くて限度額が低く抑えられていたとしても、利用上状況に応じて少しずつ上がっていきます。実際、そのような経験をされた方も少なくないと思います。

ある日突然借りている消費者金融から電話がかかってきて、限度額のアップを提案されるのです。毎月きちんと返済してくれる優良客には一円でも多く貸したいと考えるのが貸金業者なのです。

ただ、この場合金融業者の言いなりになって限度額アップを了承してしまうのは本人の自由といえば自由なのですが、必要もないのに限度額をアップさせたところで無駄な借入をしてしまうことにもつながりかねません。すぐにお金が借りれる打ち出の小槌のようなカードが手元にありながら、借りたいと思う欲求を抑制するのは健康にもよくないでしょう。必要がないと考えれば、そういった限度額アップの提案は丁重にお断りして、まずは借入を完済することに専念すべきでしょう。

当サイトのご利用規約