消費者金融一覧

限度額は一定ではない

どのような人でも一番最初は借金ゼロからスタートしたはずです。長年借入生活をしている方は、遠い昔の懐かしい思い出になるかもしれませんが、貸金業者は基本的に初めてキャッシングを利用する人を好みます。なぜならば、まだ借金もなくて支払い能力も抜群に高いことが見込めるからです。

したがって、大手銀行カードローンなどは、テレビCMや広告を駆使してこういった初めての利用者の囲い込みに躍起になっています。残念ながら中堅以下の消費者金融はそういった宣伝活動に加わることは出来ません。初利用でいきなり中堅業者を選択する人など、100人に1人もいないからです。一番最初の利用はまず間違いなく低金利で借りやすい大手の業者を選択するが常なのです。

では中堅業者はどういった人が利用するのかといえば、大手から流れてくる人です。大手業者で断わられた人、審査で通らなかった人、追加融資を却下された人などが中堅以下の消費者金融へ流れてくるのが実態なのです。

大手で審査に通る自信のない人は、中堅消費者金融がおススメ

中堅消費者金融は、大手銀行カードローン業者で借りれなかった人を相手にしていますので、柔軟審査であることは間違いありません。大手の審査に通らなかった人でも審査に通るということです。大手の審査で却下される人の多くは、他社からの借入が増えてしまっている人ですが、それを承知で融資をしていることから、ある程度の多重債務状態でも融資は可能ということです。


0中堅消費者金融
中堅
  • 融資相手・・大手で借りれない人、多重債務者
  • 利  息・・・約15.0%〜18.0%
  • 審査状況・・柔軟、標準

ライン

中堅業者よりも柔軟審査を求めるなら小規模業者

柔軟対応の中堅業者で借りれなかった人については、かなりの借入状況であることが想像できますが、それでも借りたいというのであれば中堅よりも規模の小さい小規模零細業者になります。いわゆるマチキンと呼称される業者ですが、基本的にこの手の業者は中堅から流れてくる人をターゲットにしていますので、借入審査は激甘ということになります。

0中小以下の小規模消費者金融
零細
  • 融資相手・・中堅不可の人、多重債務者
  • 利 息・・・18.0%
  • 審査状況・・極甘

ライン

誰もが認める貸金の頂点、大手銀行系カードローン

大手銀行系カードローンはテレビCMや広告の類で知名度も高いので、いちいち説明することも不要でしょう。低金利で信頼性や利便性といった顧客サービス等は、他の一切の貸金業者の追随を許しません。借りれるものなら、審査に自信があるのならば、迷うことなく大手銀行カードローンを選択すべきです。

0大手消費者金融
大手
  • 融資相手・・借入の少ない人
  • 利 息・・・約3.0%〜12.0%
  • 審査状況・・標準

お金を借りるための基礎知識

当サイトのご利用規約